のまきたパーク歯科へ電話でのお問い合わせ 072-783-8009
のまきたパーク歯科は駐車場10台
診療時間
9:00 ~ 13:30 / /
15:00 ~ 19:30 / /
  • 休診日:日曜・祝日
  • ▲ 木・金曜日は17:00まで、土曜日は9:00〜13:00、14:00〜17:00
のまきたパーク歯科へLINE相談 のまきたパーク歯科へ無料MAIL相談

1000本以上の治療実績あり】

インプラント学会「専門医」の資格をもつ
院長が必ず担当します。

寝ている間に終わる「睡眠無痛治療
成功率を高める「コンピューターインプラント
万全の「衛生管理体制
世界的インプラントメーカー」を採用
1回で歯が入る」術式

  • 症例
  • 症例

インプラントを用いた症例。
費用は、約100万円。インプラント治療には外科処置を伴うため術後の疼痛、腫脹、出血などが生じることがあります。被せものの破損、緩みが生じる場合があります。

  • 症例
  • 症例

インプラントを用いた症例。
費用は、約100万円。インプラント治療には外科処置を伴うため術後の疼痛、腫脹、出血などが生じることがあります。被せものの破損、緩みが生じる場合があります。

  • 症例
  • 症例

インプラントを用いた症例。
費用は、約300万円。インプラント治療には外科処置を伴うため術後の疼痛、腫脹、出血などが生じることがあります。被せものの破損、緩みが生じる場合があります。

  • 症例
  • 症例

インプラントを用いた症例。
費用は、約300万円。インプラント治療には外科処置を伴うため術後の疼痛、腫脹、出血などが生じることがあります。被せものの破損、緩みが生じる場合があります。

【コラム】寝ている間に治療が終わる「睡眠無痛治療」

インプラントオペが怖い方には、寝ている間に治療を終わらせる睡眠無痛治療をご提案しています。
正式には「静脈内鎮静法」というのですが、この麻酔をすることでほぼ寝ている状態になりますので、治療中、恐怖心や痛みを感じることはありません。皆さん、「気づいたら終わっていたので驚きました」とおっしゃいます。

麻酔専門医と連携して行いますので、安心して治療に臨んでいただけます。

インプラントを任せる歯科医院を「選ぶ基準」とは?

インプラント治療は、通常の歯科治療とは違って外科的処置が必要になります。そのため、通常の歯医者選びよりも慎重に、信頼できる医院を選ぶことが重要です。しかし、患者さんにとってどのような歯科医が「信頼できる」「安心な」医師かは、判断しづらいことでしょう

判断基準として、
・CTがあるか
→検査機器の充実度合いをチェック
・オペ室があるか
→手術体制の充実度合いをチェック
・感染対策はどうか
→歯科医・クリニックの意識をチェック

などを挙げることができます。

ただ、これだけでは不十分です。

インプラント治療は、歯科医の技量・熱意が大きく影響する手術です。しかしこれは他の基準と比べ明確化することが難しい部分となりますので、患者さんが、どの歯科医が優れているかを見抜くことは難しいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、直接歯科医と話してみることです。話すことで、そのドクターの人間性や熱意を感じることができると思います。

当院では、積極的に歯科医と患者さんが話していただける場を設けています。ぜひ、お気兼ねなくお問い合わせください。

当院のインプラント治療「3つの特徴」

インプラント治療を万全の体制で行える環境があります。インプラント学会「専門医」によるオペ、CT等を活用したコンピューターインプラント、感染予防対策の徹底など。それぞれご紹介します。

01インプラント学会「専門医」が担当します

インプラント学会「専門医」が担当します

院長 山本清作

  • 国立広島大学卒業
  • 国際口腔インプラント学会 認定医・専門医
  • インビザライン矯正認定ドクター
  • 岡山大学病院インプラント科登録医
  • 日本歯周病学会/日本口腔インプラント学会

サティフィケイト

  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト
  • サティフィケイト

02「コンピューターインプラント」で精度の高いインプラントを

「コンピューターインプラント」で精度の高いインプラントを

コンピューターインプラントは、診断や事前検討にCTシミュレーションなどを利用することを指します。これによって患者さんのお口の状況をより正確に把握し、適切な治療を行うことができるようになります。

■CT装置

多くの歯科医院にある「デンタルレントゲン」は2次元的に撮影ができます。通常の治療ではこれでも十分なのですが、外科処置が伴うインプラントでは2次元の診断では足りません

なぜなら、大きな血管や神経が関与する部分の治療となりますので、より正確な診断が必要なためです。そのため、当院では3次元的に撮影ができるCTを利用し、手術の安全性・確実性を大幅に向上させています。

■シミュレーションソフト

■シミュレーションソフト

インプラントの埋め込みは、深さ・角度などを適切に調整する必要があり、「なんとなくこれくらい」で埋めていいものではありません。加えて、あごの骨には神経や太い血管などがあり、これらを傷つけてしまうと後遺症の原因となります。

より適切な治療を行うためには、事前に撮影したCTデータをもとに、コンピューターシミュレーティングを行うことが理想です。当院では、専用の解析ソフトを使いながら、最適な施術を事前に検討しています。

03成功率を高めるため「滅菌管理体制」の徹底

成功率を高めるため「滅菌管理体制」の徹底

インプラント治療は、ほかの歯科治療に比べてもかなり高い滅菌管理が必要となります。
当院では、「厳格なヨーロッパ基準」を満たした各種滅菌機器を揃えています。

■クラスBオートクレーブ

「あらゆる種類の器具を完全に滅菌できる」ことが示されている滅菌装置は、『ヨーロッパ基準EN13060』に相当します。
当院で使用している滅菌システムは、このEN13060をクリアしている『クラスBオートクレーブ』です。

■ホルホープ(ホルムアルデヒトガス滅菌機)

一般的な滅菌器(オートクレーブ)では滅菌できないチューブやプラスチック類等、あらゆる機材の滅菌が可能なホルマリンガス滅菌器です。ウィルス(HIV・HBV等)に対する殺菌においても抜群の効力を発揮します。

■STATIM

小型蒸気滅菌器STATIM。高圧蒸気の注入を繰り返すことによりカセット内部の残存空気を確実に排出させ、効果的に素早く器具を滅菌できます。

■メラクイック12+

メラクイック12+は拡散加圧脱気方式により、加圧と脱気を繰り返し、ハンドピース内部の空気を完全に除去し、蒸気を浸透させ滅菌します。

■オペ室完備

個室のオペ室があります。清潔・不潔域をしっかりと分け、クリーンな環境でオペを実施します。

04歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」の利用

歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」の利用

マイクロスコープとは「歯科用顕微鏡」とも言われる視野を拡大する装置になります。肉眼よりも何倍にも拡大された視野を獲得できるため、精度の高い治療が可能になります。治療精度は成功率、そして長期安定性に繋がりますので、当院では積極的にマイクロスコープを活用した治療を行っています。次の画像は肉眼とマイクロスコープの「視野を比較」した画像になります。どちらの方が精度の高い治療ができるかは一目瞭然だと思います。

  • 高倍率ルーペ
  • 高倍率ルーペ

その他にも、次のような「特徴」があります

当院のインプラント治療は、ほかにも以下のような特徴があります。

世界標準のメーカーの利用

インプラントメーカーは、国内で流通している会社だけでも200社弱あると言われています。
メーカーによって品質には高低があり「どれでもいい」というわけにはいきません。
当院で使用するインプラントは、日本国内はもちろん、海外の歯科医からも高い評価を受けているメーカーだけを使用しています。

■アストラテック

1985年からインプラント開発、研究に取り組んでいる、スウェーデン生まれのインプラントメーカーです。インプラントの表面にフッ化処理が施すことで骨を作る細胞が集まりやすくなり、定着しやすくなります。

■オステムインプラント

オステムは韓国のインプラントメーカーです。アジアシェアはNO1、世界シェアではNo6、販売本数は世界1(メーカー公表値)を誇っています。

静脈内鎮静法で、「快適な治療時間」を

静脈内鎮静法で、「快適な治療時間」を

一般的にインプラント治療では、通常の歯科診療時に使う「局部麻酔」を使用します。これは、全身麻酔にしてしまうと体への負担があまりに大きくなってしまうためです。もちろん局部麻酔でも治療中に痛みを感じることはありませんが、意識はハッキリしているため、機械音などは聞こえます。

患者さんによっては、この機械音などが大きなストレスになってしまい、緊張・不安からパニックを起こしたり、呼吸・血圧・脈拍に異常が出てしまうケースもあります。

当院では、こうした患者さんの精神的・肉体的負担を軽減するため、「静脈内鎮静法」という手法を採用しています。
この麻酔は、全身麻酔よりも身体への負担が小さいにも関わらず、全身麻酔に近い作用を得ることができます。
「うとうと」とした状態の中で治療を終えることができるため、「気が付いたら終わっていた」という患者さんが多くいらっしゃいます。
もちろん、この手法による副作用や後遺症はありませんので、ご安心ください。

総入れ歯で悩まれている方には「All-on-4」!

総入れ歯の方がインプラントをするとなると、歯の本数分のインプラント埋め込みが必要でした。上下すべての歯は、親知らずを除いて28本あります。これらの1本1本に対してインプラントを埋め込んでいくというのは、肉体的に大きな負担になることはもちろん、経済的な負担も非常に大きなものになります。

そこで当院では、『All-on-4』という手法をご提案しています。この手法は1日で人工歯が入りますので、手術をしたその日のうちに、美味しく食事を摂っていただくことができます。

●All-on-4のメリット
従来よりも経済的負担が小さくて済む
肉体的負担も大幅に軽減できる
・従来よりも痛み・腫れが出にくい
・治療日に人工歯が手に入る

●All-on-4のデメリット
・健康な歯が残っている場合でも、施術に際して抜歯が必要になる
・お口や全身の健康状態によっては、対応できない場合がある

総入れ歯に対してお悩みを持っていらっしゃる方や、現在部分入れ歯になっているがインプラントに興味がある方など、ぜひ当院まで一度ご相談ください。

抜歯即時荷重で「その日のうちに」歯が入ります!

抜歯即時荷重で「その日のうちに」歯が入ります!

一般的に行われているインプラント治療では、不具合のある歯を抜歯したあと、一度骨の回復を待ってから再度手術を行います。そのため、治療にかかる期間が長く、抜歯後少しの間は歯がない状態で過ごしていただく必要があります。

当院では、抜歯した直後にインプラントを埋入するという手法によって、「歯のない期間」をなくします

●メリット
・患者さんの負担が大きくなる「骨造成」が不要
・歯茎を「切ったりめくったり」しません
・「治療期間」が1/2に短縮。「来院回数」も減少

●デメリット
・すべての症例に必ず適用できるわけではない
・担当医の高い技術力が要求される

当院は『ガイドデント』認定医院です

インプラントの保証期間は通常5年程度ですが、当院では10年保証いたします。
インプラント第三者保証機関である『ガイドデント』に認定されており、一般には保証対象外となるようなトラブルに対しても、柔軟に保証することができます

当院は『ガイドデント』認定医院です

●事故などによるトラブルも保証
一般的に、インプラントの保証は「手術そのものの不備」であることが条件となります。
ですから、インプラント治療をした部分を強く打ってしまって再治療が必要になった場合などは保証の対象外でした。
当院では、シーン問わず、様々なタイミングで発生したトラブルに対して保証が可能です。
例えば、余暇に楽しんでいたスポーツ中にボールが当たってしまい、インプラントが抜け落ちてしまったような場合であっても、保証対象内になります。

●転居先でも他院で保証が続く
全国のガイドデント認定医がいる歯科医院であれば、どこであってもインプラント再治療の保証が適用されます。
当院以外の治療院でも同様の保証が受けられることは、大きなメリットです。

「他院で断られた症例」でも当院で対応できるケースがあります

他院でインプラント手術が出来ないと言われた方でも、以下のようなケースであれば、当院では施術可能かもしれません。
ぜひ一度お問い合わせください。

■糖尿病・心臓病などの疾患をお持ちの方

インプラント手術は、血圧や脈拍などが大きく変動しやすく、また精神的な不安から血糖値が大きく変動することもある治療です。こうしたトラブルに対して命にかかわるリスクがある場合、治療を断る歯科医院さんもあります。当院では、事前の体調管理主治医との連携当日手術中の生体モニタリングなどを徹底することによって、こうした疾患を持っている方であってもインプラント治療を受けていただくことができます。

■骨が少ない・薄い方

インプラントでは、あごの骨にインプラント体を埋め込む治療になります。そのため、インプラントを支えるための骨が少ないと治療ができません。しかし、当院では「骨造成」という施術を行うことで、こうした方であってもインプラント術を受けていただける場合があります。

■骨が少ない・薄い方

治療後は「インプラント周囲炎」に注意を

インプラント周囲炎は、インプラントの周りにできる歯周病のようなものです。
進行してしまうと、せっかく埋め込んだインプラントが抜け落ちてしまいますので、注意しましょう。

治療後は「インプラント周囲炎」に注意を

インプラント周囲炎を予防するためには、歯科医の指示に従ってお口のメンテナンスを継続することが重要です。
歯磨きやフロッシングなど、日々のお手入れはもちろん、定期的に診察を受け、インプラント周囲炎になる兆候がないかを確認してもらってください。
実際、インプラントを受ける必要がある方には、歯周病などによって抜歯が必要になった方が多く見受けられます。そのような場合、日々のお手入れ方法に問題があるケースも少なくありません。
歯科医の判断、指示を聞き、適切なケアをお願いいたします。

院長からメッセージ

歯を失った場合の選択肢には「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3種類があります。どれもメリットとデメリットがあり、すべての患者さんに対して一律で「この方法がいい」と断言することはできません。

しかし、あえてどれか一つの方法をおすすめするのであれば、私はインプラントを推奨します。インプラントには、高い機能性があるからです。「自分の歯のようにしっかり噛める」「他の歯に悪影響を及ぼさない」とい2点は、入れ歯やブリッジでは得られにくいメリットです。

患者さんの中には、「インプラント」というだけでネガティブな印象を持たれる方もいらっしゃいますが、色眼鏡をかけず、ぜひ有用な選択肢の1つとして頂きたいと思っています。疑問点、不安な点があれば、何でもご質問ください。納得いただくまでご説明します。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • LINE相談
  • 無料MAIL相談

お電話での問い合わせ

電話でのお問い合わせ 072-783-8009

〒664-0875
兵庫県伊丹市野間北1丁目1番1号

このページの先頭に戻る