伊丹地域の健康を支えるやさしい歯科医院

取り外しのできるマウスピース矯正 インビザライン

取り外しのできるマウスピース矯正 インビザライン

透明なマウスピースで目立たず、快適に矯正治療してみませんか?
近年、大人の方の間で目立たない矯正治療を受ける方が増えてきています。その中でも特に注目を集めているのが、透明なマウスピースを使ったインビザラインという矯正システムで、当院でも取り入れています。

これまでの矯正治療のイメージとは全く違う、新しい技術を使用したインビザラインで、実際に多くの方が周囲の人に気付かれず、美しい歯並びを手に入れています。

インビザラインの特徴

インビザラインってどんな矯正治療?

従来のワイヤー矯正とインビザラインを比較した場合、大まかな違いを表にまとめると次のようになります。
ワイヤー矯正 インビザライン
目立ちやすさ 目立つ ほぼ気付かれない
痛み・違和感 強い 少ない
取り外し 不可能 可能
虫歯・歯周病のリスク 高い 低い
金属アレルギー リスクがある リスクがない
治療中のトラブル 起こりやすい ほぼない
診療時間 長い 短い
治療期間予測 正確に予測できない 正確に予測できる
最終的なイメージ 治療前にはわからない 治療前に見ることができる
適応症 ほぼどんなケースにも対応 対応できないケースもある
自己管理 放置しても歯が動く 不可欠

インビザラインの利点・メリット

目立たない

目立たないインビザラインを装着する女性
インビザラインで使用する装置は薄くて透明な、アライナーと呼ばれるマウスピースです。装着していてもほとんど他人に気付かれることはありません。

痛みや違和感が少ない

アライナーの表面は平滑なので、快適で、かつワイヤー矯正のように粘膜を刺激することもありません。また、歯を動かす際にも歯になるべく負担をかけませんので、歯が動く際の痛みも感じにくくなっています。

取り外しができる

アライナーは自由に取り外し可能です。装着していても目立ったり発音に影響が出ることはほとんどありませんが、食事の際や歯磨きの際には外して今まで通りの生活を続けることが可能です。

虫歯や歯周病のリスクを高めない

ワイヤー矯正中の歯磨き
従来のワイヤー矯正のように、食べ物が停滞したり、磨き残しが出ることがありません。そのため、虫歯や歯周病のリスクを高めず、健康的に歯並びを整えることができます。

金属アレルギーの心配がない

ワイヤーを使った矯正装置にはどうしても金属アレルギーのリスクがありますが、医療用プラスチックを使ったインビザラインにはその心配がありません。

治療中にトラブルが起こりにくい

歯の一本一本に接着剤でブラケットという装置をつけるワイヤー矯正の場合、ブラケットが脱落してしまったり、装置が粘膜を傷つけて口内炎を作るというようなトラブルが珍しくありません。でも、インビザラインのアライナー(マウスピース)ではそのようなトラブルとは無縁です。

インビザラインの注意点・デメリット

歯並びによっては適応できないケースがある

インビザラインを装着する人
インビザラインはだんだんと改良を重ねており、かつてよりも適応症が増えましたが、ほぼオールマイティであるワイヤー矯正と比べると、適応症例が限られます。そのため、インビザラインで治療が可能かどうかは、しっかりと診断する必要があります。

きちんと自己管理をしないと効果が出ない

取り外し式のアライナーを使用するのは便利である一方、自己管理が必要という点で人によっては適さない場合があります。1日20時間以上忘れずにつけていられない方は、治療効果がきちんと現れないため、別な矯正法で行うことをおすすめします。

^


お問い合わせ

電話をかける

アクセス