伊丹地域の健康を支えるやさしい歯科医院

マイナス1歳からの虫歯予防

マイナス1歳からの虫歯予防

お子さんの虫歯予防を考えるなら、生まれる前からケアを

のまきたパーク歯科では、お子さんの歯の健康を考え、様々な面から虫歯予防のアプローチを徹底して行っています。お子さんを虫歯にさせないために、歯が生えてすぐ虫歯予防を始めている方も多いと思いますが、実は生まれる前から行った方がより確実で、効果があります。

このように、生まれる前から取り組む虫歯予防のことを「マイナス1歳からの虫歯予防」と呼んでいます。

虫歯菌は周囲の人から感染します

虫歯はミュータンス菌に代表される虫歯菌によって引き起こされます。つまり虫歯菌がいなければ虫歯になることはありません。でも、生まれたばかりの赤ちゃんは誰も虫歯菌を持っていません。

では虫歯菌はどこからどこからやってくるのでしょうか?それはお分かりだと思いますが、周囲の人、特に最も赤ちゃんと接することの多いお母さんの口の中からやってきます。

生後1歳7ヵ月〜2歳7ヵ月が「感染の窓」

赤ちゃん
虫歯菌は歯がないところでは生息できません。そのため、生まれてしばらく歯がない時期にはたとえお母さんから虫歯菌が入ってきたとしても、赤ちゃんのお口に定着することはできません。

現在有力な説では、生後1歳7ヵ月くらいから生後2歳7ヵ月くらいまでの間に虫歯菌の感染が起こるとされています。この時期のことを「感染の窓」と呼んでいます。

感染する時期が早いほど、その後の虫歯菌数が増える

赤ちゃんと母親
虫歯菌に感染する時期が早いほど、お子さんのお口の中に住む虫歯菌の数が多くなると言われています。つまり、逆にいうと、感染が起こったとしてもその時期を遅くすることで、虫歯菌の数を少なく、虫歯になりにくくすることができるのです。ちなみにお母さんの虫歯菌が多いほどお子さんの虫歯菌も多いという調査結果があります。
マイナス1歳からの虫歯予防
虫歯菌がお子さんにいつ感染したか、というのは目で見えるものでもないので、知ることは不可能です。でも、お子さんの虫歯菌感染リスクを減らすために、周囲の人ができることがあります。それがマイナス1歳からの虫歯予防です。

マイナス1歳からの虫歯予防で行うこと

お子さんの虫歯菌感染リスクを減らすためにできること、その最も効果的な方法は、赤ちゃんと最も接する人が、お口のケアをしっかりとしておき、ご自身の虫歯菌を減らしておくことです。

具体的には次のようなことが挙げられます。

1.虫歯を治療しておく

虫歯の治療を受ける女性
妊娠中、できれば妊娠前に虫歯は全て治しておきましょう。虫歯を放置したままだと虫歯菌が多い状態になってしまいます。虫歯は妊娠するしないに関わらず、早めに治しておくことが大事なのは言うまでもありませんが、妊娠後期、出産後はなかなか歯の治療に通うのも難しくなりますので、早め早めに治しておくのが理想です。

2.定期検診を受けておく

定期検診を受ける女性の口元
日頃から歯科の定期検診を受けておくようにしましょう。また、妊娠がわかってからも積極的に検診を受けるようにしてください。妊娠中はホルモンバランスの変化によるお口の環境悪化、つわりによる歯磨き不足などにより虫歯リスクが通常よりもはるかに高くなります。虫歯が見つかったら早めに対処できるようにしておくことが大切です。

3.歯のクリーニングを受けておく

歯のクリーニング用器具
特に妊娠中はお口の細菌状態が悪化しやすいため、家庭の歯磨きだけでなく、積極的に歯のクリーニングを受けておくことをおすすめします。

4.お口の積極的環境改善

キシリトールの使用

キシリトールガム
キシリトールは甘味料の一種ですが、虫歯菌のエサとならないため、虫歯菌の増殖を抑えてくれる働きがあります。そのため、キシリトールのガムやタブレットを積極的に摂取することで、虫歯リスクを下げることができます。

妊娠中からキシリトールを摂取し続けることで、お口の環境を良くすることができます。ただし、キシリトールの濃度が低いとあまり効果がありませんので、含有率が50%以上のものを選ぶようにしましょう。

プロバイオティクス

こちらは特殊な乳酸菌を摂取することで、お口の中の細菌バランスを整え、虫歯菌を少なくする方法です。乳酸菌ならなんでも良いと言うわけではありませんので、詳しくは当院でお尋ねください。

^


お問い合わせ

電話をかける

アクセス