のまきたパーク歯科へ電話でのお問い合わせ 072-783-8009
のまきたパーク歯科は駐車場10台
診療時間
9:00 ~ 13:30 / /
15:00 ~ 19:30 / /
  • 休診日:日曜・祝日
  • ▲ 木・金曜日は17:00まで、土曜日は9:00〜13:00、14:00〜17:00
のまきたパーク歯科へLINE相談 のまきたパーク歯科へ無料MAIL相談

治療に対して感じる不安、私たちが払拭します。

可能な限り
痛みが少ない」治療
削る量がすくない」治療
神経を守る」治療

「痛みが少ない」治療

「痛みが少ない」治療

「治療中の痛みは、麻酔をしていてもある程度感じやすいもの……」
それは、昔の話です。
現在の医療技術を活用すれば、治療中の痛みはもちろん、麻酔注射時の痛みも低減できます。

  • STEP1表面麻酔

    表面麻酔は、事前に歯ぐきに対して行う麻酔です。麻酔注射自体の痛みを感じにくくするために行います。

  • STEP2「極細の針」を使用

    注射針が細いほど、痛みは弱いもので済みます。
    当院で使用している注射針は、国内で流通しているものの中で最も細いランクのものです。

  • STEP3「麻酔液」を人肌まで温めます

    麻酔液の温度も、注射の痛みに大きく影響します。
    最も痛くない温度は37度前後と言われており、これより冷たすぎても、また熱すぎても、注射時には痛みや不快感を覚えやすくなってしまうのです。
    当院では麻酔液を最適温度に調整しています。

  • STEP4「電動麻酔注射器」でやさしく注入

    麻酔注射が痛い原因の1つとして、液体の注入速度があります。
    勢いよく人体に麻酔液を注入すると、急激に圧力がかかることで周りの神経を圧迫し、痛みや不快感の原因となるのです。
    当院では、注入速度・圧力をコンピュータ制御できる電動麻酔注射器を使用しています。

  • STEP5「5倍速」コントラ

    コントラは歯を削るための、いわゆる「ドリル」のような治療器具です。器具が回転するときの振動が歯に伝わることで、痛みなどが引き起こされていました。当院で使用している5倍速コントラは、このドリルの回転速度が通常の5倍となっています。高速回転することによって振動が小さくなり、歯の受ける不快感も低減されるのです。また、回転速度が上がることで、「キュイーン」という不快な機械音も小さくなります。

「歯科恐怖症」や「嘔吐反射」の強い方には、笑気ガスをご提案

「歯科恐怖症」や「嘔吐反射」の強い方には、笑気ガスをご提案

「笑気ガス」は、吸うとほんのり甘い香りのする、吸入麻酔薬です。
吸うとリラックス状態になり、不安感や緊張感が和らぎ(鎮静作用)、痛みを抑える作用もあります。
特に歯科治療が苦手だという患者さんや、口の中に指を入れられると吐きそうになってしまう患者さんに、おすすめしています。

「削る量」は最小限に 天然歯を守ります

「削る量」は最小限に 天然歯を守ります

虫歯治療では、虫歯菌に感染している部分を取り除くことが重要です。
多くの治療現場では、感染部位を除去するという目的を確実に達成するために、歯を削りすぎています
確かに治療しきれずに感染部位が残ることは避けたいのですが、健康な部位まで削ることは決していいことではありません。

歯は、一度削ると自己再生することはないのです。
削れば、それだけ歯は小さくなりますし、数度同じ歯が虫歯になってしまうと、削って治療できる部分が少なくなり、抜歯リスクがどんどん高まっていってしまいます。

ですから、健康な歯を維持するためには、虫歯になってしまったとしても削る量は最小限に抑えることが重要なのです。

  • 取り組み1「高倍率拡大鏡」や「マイクロスコープ」で、小さいトラブルもしっかり確認

    高倍率ルーペとマイクロスコープ

    歯科治療は、かなり緻密な作業を伴います。お口の中にある小さな病巣も見逃さないために、肉眼でできることは限られています。また、治療中もできる限り細やかな対応をするためには、視野を拡大するための装置が必要です。
    当院では高倍率拡大鏡やマイクロスコープを活用して、肉眼では確認できない問題にも対処しています。

    • 高倍率ルーペとマイクロスコープ
    • 高倍率ルーペとマイクロスコープ
  • 取り組み2ダイアグノデントで「科学的」に虫歯かどうかを判断

    ダイアグノデントは、特殊なレーザー光を歯に当てることで、その場所が虫歯かどうかを判定することができる装置です。
    虫歯は一目で分かるものもありますが、状態によっては分かりにくいものもあります。また、どこまで歯を削るかという判断も、難しいケースはすくなくありません。
    歯の状況を科学的に、数値で判断することで、虫歯かどうかのチェックをより確実なものにします。
    これによって、「不必要に削りすぎ」「削らなければいけない部分の削り残し」を防ぎます。

  • 取り組み3「う蝕検知液」で虫歯をグラフィカルに

    虫歯になっている部分を赤く染め上げる液体を「う蝕検知液」といいます。
    これを使用すると、右の写真のように虫歯の部分だけが赤く染まり、健康な歯質がどこまでなのかが一目でわかるようになります。
    こうすることで、削りすぎや削り残しを防ぐことができ、より適切な治療を行えるようになるのです。

可能な限り「歯の神経を残し/抜歯を回避する」治療

可能な限り「歯の神経を残し/抜歯を回避する」治療

近年では患者さんからも「自分の歯を残したい」「抜歯は避けたい」といったご要望を受けることがありますが、歯科医としても、できるだけ患者さんご自身の歯を残せるような治療を行いたいと考えています。

歯の神経を残すことは、歯を健康に保ちやすくするために重要なことです。歯の神経を取り除くと、歯はもろくなりやすく、虫歯のリスクも上がります。治療がうまくいったとしても、再度虫歯になれば抜歯へのリスクは高まってしまいます。
抜歯となれば、入れ歯やインプラントなどの人工歯が必要となり、患者さんの経済的・精神的・肉体的な負担が大きくなるでしょう。
当院では、抜歯を避けるために以下のような取り組みを行っています。

  • ■MTAセメントで「神経を守りながら」治療を進める

    MTA

    専門的な話になってしまうため、簡易的にお伝えすると、従来では神経の除去が必須となるような進行している虫歯に対しても、MTAセメントを利用することで歯の神経を守りながら治療を進めることができるケースがあります。ぜひ一度ご相談ください。

  • ■エクストリュージョン法で歯を残す

    虫歯が過度に進行していると、通常では抜歯を行います。
    しかし、エクストリュージョン法を使うことで、抜歯以外の選択肢が広がる可能性があります。
    エクストリュージョン法では、虫歯菌に感染してしまった部位を切り落とし、健康な歯根を引き上げて、そこを土台に人工歯を設置する、という手法をとります。
    完全抜歯ではなくなるため、予後(回復までの経過)が良くなりやすく、差し歯であっても自分の歯で噛んでいるような刺激を感じることができるのです。

    • エクストリュージョン法
    • エクストリュージョン法
    • エクストリュージョン法

コラムコラム―気になる銀歯は1日で白くできます!

当院では、『ダイレクトボンディング』という手法を用いることで、最短1日で銀歯を白い詰め物に交換することができます。
一般的に「白い詰め物」は型取りをした後にセラミック素材で作ることが多いのですが、これだと銀歯同様に時間がかかってしまいます。
ダイレクトボンディング法では直接歯にセラミック素材を詰めていくようなイメージです。
これによって、より安価に、よりスピーディに、白い歯へと生まれ変わることができます。

それだけではなく、ダイレクトボンディング法は、一般的な詰め物や被せ物に比べて歯を削る量が少なくて済むというメリットがあります。
また、歯の表面の傷やシミの改善、歯の形の改善なども行えます。

適応できない症例もありますので、興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。

※ダイレクトボンディング法での治療。時間の経過とともに変色するリスクがあります。

虫歯治療後の詰め物・被せ物にも様々な種類があります

保険適用となる治療素材は銀歯であり、これは一般的なものです。
安価で一定の治療効果はありますが、見た目に治療痕が分かりやすく、耐久性などの点で懸念がないわけでもありません。
保険適用外(自費)診療となる素材には、セラミックなどがあります。
銀歯と比べると高額になりますが、治療痕は目立ちにくく、精密な治療にも向いている素材です。

当院では、保険適用診療・保険適用外診療のどちらにも対応しています。
患者さんのお口の状態を確認したうえで、治療方針の希望などをお伺いして、最適な治療素材をご提案します。
詳しくは料金表(リンク)をご覧ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • LINE相談
  • 無料MAIL相談

お電話での問い合わせ

電話でのお問い合わせ 072-783-8009

〒664-0875
兵庫県伊丹市野間北1丁目1番1号

このページの先頭に戻る